個人向け福利厚生情報サイト マイページ



健康経営

パナソニック共済会の健康経営について



健康経営の取り組みが認められ、経済産業省より
「健康経営優良法人2021(中小規模法人部門)」に認定されました。

*健康経営優良法人認定制度とは、地域の健康課題に即した取組や
日本健康会議が進める健康増進の取組をもとに、
特に優良な健康経営を実践している法人を顕彰する制度です。

健康経営宣言

パナソニック共済会は、お客様の「これからの時代の安心」をサポートするためには、当社従業員の 健康維持およびその向上が重要な経営活動と認識し、2020年9月に健康宣言を制定しています。

健康宣言

私たちは、社員一人ひとりが心身ともに健康で、常に働く意欲に満ち、

豊かな社会の実現に貢献できるよう健康づくりに取り組みます。



具体的な取り組み


1. 健康診断受診率100%に取り組みます。


2. メンタルヘルス対策に取り組みます。


3. 安心して仕事ができる職場環境を整備します。


4. 運動機会の増進に取り組みます。


5. 過重労働防止に取り組みます。

令和2年9月
株式会社パナソニック共済会
代表取締役専務理事 上床 典之

推進体制

これまでの取り組み結果と今後の目標

受診・受検率の単位:(%)

項目 18年度(実績)  19年度(実績) 20年度(実績) 23年度(目標)
定期健康診断受診率 100 100 100 100
ストレスチェック受検率 100 93 93 100
適正”食事”習慣スコア ※1 51.5 47.9 51.5 60
適正”運動”習慣スコア ※2 29.9 35.5 24.6 40
適正”睡眠”習慣スコア ※3 61.2 56.2 57.7 65
適正”飲酒”習慣スコア ※4 93.3 94.6 94.6 95
禁煙率 93.3 92.6 93.8 95

※1=適正食事習慣スコアは、食事速度や間食、朝食欠食など食事に関する習慣を定期健康診断問診時に確認し点数化

※2=適正運動習慣スコアは、運動機会や歩行速度など運動に関する習慣を定期健康診断問診時に確認し点数化

※3=適正睡眠習慣スコアは、睡眠で十分な休養がとれているかを定期健康診断問診時に確認し点数化

※4=適正飲酒習慣スコアは、飲酒頻度と飲酒量に関する習慣を定期健康診断問診時に確認し点数化

健康課題と取り組み(戦略マップ)

具体的な活動内容

健康づくりの取組み

運動機会の増進活動

・社員全員参加のウォーキングイベント実施(2020年10月)
・業間体操パナソニックエクササイズの実施(2019年11月より毎日実施)
・競技玉入れ(オフィスAJTA)の実施(2015年度~2019年度社内大会の実施、2016年度より4年連続全社大会出場 )
・始業前ラジオ体操の実施(毎日実施)

オフィスAJTA

オフィスAJTA

パナソニックエクササイズ

パナソニックエクササイズ

ワークライフバランスの実現

・フレックスタイム制度導入(ノンコア)
・リモートワーク制度導入
・勤務間インターバル制度導入
・育児休業・時短勤務等の制度の充実
・ファミリーサポート休暇の充実(家族の介護/看護・子の学校行事への参加・不妊治療等でも取得可)

働き方改革・コミュニケーション活性化

・1on1ミーティングの実施
・フリーアドレスやコミュニケーションスペースの設置などオフィス改革(大阪)
・ドレスコード廃止
・社内イントラネットを利用したバーチャル七夕の実施
・社内ネットワークを使った写真展の開催 ・職場懇談会実施時の費用助成
・ラーニング&コミュニケーション促進制度(学び合い、相互交流活動への費用助成)

フリーアドレス

フリーアドレス

コミュニケーションスペース

集中スペース

生活習慣病予防対策

・オフィス内健康啓発ポスター掲示
・オフィス緑化
・イントラネットに月1回健康情報コラム掲載 ・禁煙デーの実施
・食育オンラインセミナーの実施
・カフェテリアプラン利用したインフルエンザ等予防注射費用補助

健康啓発ポスター

オフィス緑化

新型コロナウイルス感染防止対策

・在宅勤務推進
・各フロアへ手指消毒アルコール設置
・オフィス着席規制(間隔をあけた執務環境整備)
・事務所および会議室内パーテーションの設置
・出社時マスク着用の徹底
・来訪者用検温機器の設置

パーテーション設置

オフィス着席規制(間隔をあけた執務環境整備)